auひかり電話に引き継げる番号と引き継げない番号まとめ

auひかり電話に引き継げる番号と引き継げない番号まとめ

本記事にはプロモーションが含まれています。

auひかりには、『auひかり電話』という固定電話のオプションサービスがあります。

一般的なNTTの固定電話と同じように利用でき、月額料金と通話料が大幅に安くなるため人気のサービスです。

これからauひかりを申し込み予定の方は、併せてauひかり電話への加入も検討しましょう!

とはいえ、こんなお悩みをお持ちの方もいら者るのではないでしょうか。

安くなるのは嬉しいけどけど、電話番号が変わるのは面倒だわ・・・

ご安心下さい!

下記の発番なら、今お使いの電話番号をそのままauひかり電話に引き継ぐことが可能です!

  1. NTTで発番した電話番号
  2. NTTで発番後、ひかり電話に移行した電話番号
  3. KDDIで発番した電話番号

多くの方がNTTで発番した電話番号を利用しているので、ほとんどの場合auひかり電話に引き継げるという事になります。

逆に引き継げないのは下記のケースです。

  1. auひかり以外の光回線で発番した電話番号
  2. 050から始まるIP電話番号
  3. ケーブルテレビ発番の電話番号(KDDI発番以外)

あなたはどちらに該当していたでしょうか。

ということで今回は、auひかり電話に引き継げる番号と引き継げない番号について、詳しく解説いたします。

\ キャッシュバックが貰える! /

目次

auひかり電話に引き継げる電話番号

電話番号の変更は何かと面倒なもの。

また、昔から使ってきた番号なら思い入れもあります。

出来ることなら、これからも変えずに使っていきたいと考えるのは当然でしょう。

auひかり電話なら、下記の何れかの電話番号をお使いの場合、そのまま引き継いで利用可能です!

  1. NTTで発番した電話番号
  2. NTTで発番後、ひかり電話に移行した電話番号
  3. KDDIで発番した電話番号

1.NTTで発番した電話番号

NTTのロゴマーク

NTTで発番した電話番号なら、auひかり電話に直接引き継ぐことができます。

昔から家庭の固定電話として使われてきた市外局番から始まる電話番号のことで、多くの方がこのケースに該当するでしょう。

NTT発番の電話番号をお使いの場合は、一番スムーズに移行可能です。

2.NTTで発番後、ひかり電話に移行した電話番号

NTTで発番した電話番号を他社のひかり電話に移行して利用している場合も、auひかり電話にそのまま引き継ぎ可能です。

ただし、auひかりをマンションタイプ(集合住宅向け)で契約予定の方は注意が必要です。

注意点:アナログ戻しが必要になる場合がある

NTTで発番した電話番号を現在ひかり電話で使用していて、auひかりマンションの『タイプE』または『タイプF』で契約する場合のみ、一旦『NTTアナログ戻し』が必要になります。

アナログ戻しとは、ひかり電話からNTTのアナログ電話に戻すことを指します。

この場合は少し面倒ですがまずNTTに連絡してアナログ回線に戻し、それからauひかりを申し込むようにしましょう。

3.KDDI発番の電話番号

KDDIで発番した電話番号は、auひかり電話にそのまま引き継ぎ可能です。

例えば、『ホームプラス電話』や『ケーブルプラス電話』などが該当します。

  • ホームプラス電話:KDDIの携帯電波を使って固定電話を利用するサービス
  • ケーブルプラス電話:KDDIが各ケーブルテレビ会社と提携し提供する固定電話サービス

『J:COM PHONEプラス』はKDDI発番であれば引き継ぎ可能ですが、J:COM発番の場合は引継ぎが出来ないため確認が必要です。

尚、KDDI発番の場合、『切り替え元の回線とauひかりの名義が同一かつ同一住所』であることが引継ぎの条件となります。

例えば引っ越しなどを伴うケースでは、住所が違うため直接引き継ぎが出来ません。

auひかり電話に引き継ぎができない電話番号

今お持ちの電話番号が下記何れかの場合は、残念ながらauひかり電話に引き継ぐことができません。

  1. auひかり以外の光回線で発番した電話番号
  2. 050から始まるIP電話番号
  3. ケーブルテレビ発番の電話番号(KDDI発番以外)

これらのケースに該当した方がauひかり電話を利用する場合は、新しい電話番号を発番することになります。

1.auひかり以外の光回線で発番した電話番号

例えば、NTTフレッツ光のひかり電話、NURO光でんわなど、各光回線の電話サービスで発番した電話番号はauひかり電話に引き継ぐことができません。

※元々NTTで発番した電話番号をひかり電話に移行して利用していた場合は、auひかり電話に引継ぎ可能です。

2.『050』から始まるIP電話番号

『050』から始まるIP電話番号は、auひかり電話に引き継ぐことはできません。

auひかり電話は基本的に市外局番から始まる電話番号を利用するためです。

尚、別途『050番号サービス』というオプションを申し込むことで、新しい050から始まる番号を発番し、2つ目の電話番号として利用する事は可能です。

050番号サービスの料金

スクロールできます
初期費用無料
月額利用料金165円

3.ケーブルテレビ発番の電話番号(KDDI発番以外)

ケーブルテレビ各社が提供している電話サービスで発番した場合、そのサービスの提供元によっては引継ぎ出来ないケースがあります。

電話サービスの提供元がKDDIならauひかり電話に引き継ぎ可能ですが、KDDI以外だった場合は引継ぎ出来ません。

スクロールできます
auひかり電話
への引継ぎ
提供元
ケーブルプラス電話可能KDDI
ケーブルライン不可ソフトバンク

auひかり電話の3つのメリット

auひかり電話には3つのメリットがあります。

  1. 月額料金と電話料金が安い
  2. auスマートバリューが受けられる
  3. 工事費が実質無料になる

順番に確認していきましょう。

1.月額料金と電話料金が安い

auひかり電話の月額料金は550円です。

NTTのアナログ電話は最低でも毎月1,595円の基本料金がかかるため、auひかり電話に切り替えるだけでかなりの節約になります。

『固定電話はあまり利用しないけど、一応持っておきたい』という方にとっても、十分にメリットがあるというわけです。

また、auひかり電話は通話料金も安いのが特徴です。

auひかり電話の通話料金

スクロールできます
電話相手先通話料
国内加入電話向け通話
IP電話向け通話
8.8円/3分
020番号向け通話11円/40秒
※別途44円/1通話
携帯電話au宛 17.05円/1分
NTTdocomo宛 17.6円/1分
ソフトバンク宛 17.6円/1分
ワイモバイル宛 17.6円/1分
PHS宛て11円/1分
※別途11円/1通話

NTTのアナログ電話の通話料金は、距離や時間帯によって変動するシステムです。

例えば、平日8:00~19:00の間に100km~以上離れた県外に電話する場合は、22.5秒で88円の通話料金が掛かります。

これを3分に換算すると704円。意外と高いと感じませんか?

一方、auひかり電話なら全国一律で通話代は8.8円/3分!

なんと、704円(NTT)と8.8円(auひかり電話)で、80倍もの差があるのです!

つまり、固定電話をよく利用する方ほど、auひかり電話に切り替えるメリットは大きいと言えます。

auひかり電話の料金について更に詳しくはこちら↓

あわせて読みたい
auひかり電話に変えると料金が安くなる!メリット・デメリットを紹介 auひかりのオプションで提供されている『auひかり電話』が気になっていませんか。 おうちの電話代が安くなるって聞いたんだけど本当かな? はい、これは本当です。 NTT...

2.auスマートバリューが受けられる

auスマートバリュー
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

auスマートバリューは、auひかり+ひかり電話とauスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が割引になるサービスです。

割引額はスマホの契約プランによりますが、1台あたり550円~1,100円

同居しているご家族のスマホやタブレットも含めて最大10台まで対象になります。

また別住所に住んでいても、50歳以上のご家族でしたら対象に含めることが出来ます。

ホームゲートウェイのWi-Fiオプションが永年無料になる

ホームゲートウェイは、auひかりを契約すると自宅に設置されるレンタル機器で、ひかり電話とWi-Fiの機能を併せ持っています。

ただ、Wi-Fi機能を使うには、月額550円の内臓無線LANオプションに加入しなければなりません。

しかし、auスマートバリュー、または自宅セット割(インターネットコース)が適用されると、このWi-Fiオプションが永年無料で使えるようになります!

auスマートバリューなど加入時 500円割引
引用:auひかり公式サイト

auスマートバリューには、こんな嬉しい追加効果もあるんです。

auスマートバリューの注意点
  • auひかり電話サービスの加入が必須
  • 手続きには、割引対象のスマホを利用している方の本人確認書類が必要
  • 手続きが完了した月の翌月ご利用分からの割引適用となる

3.工事費が実質無料になる

初期費用相当割引
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

「初期費用相当額割引」は、auひかりの開通工事費が実質無料になるキャンペーンです。

auひかりの開通工事にかかる初期工事費は、ホームタイプで41,250円、マンションタイプで33,000円と決して安くありません。

これを、まるっとKDDIが負担してくれます。

スクロールできます
ホームタイプマンションタイプ
工事費41,250円33,000円
割引額41,250円

≪内訳≫
・初回 1,194.6円
<ネット 644.6円
+電話 550円>
・34回 1,178.1円
<ネット 628.1円
+電話 550円>
33,000円

≪内訳≫
・初回 1,443.2円
・22回 1,434.4円
つまり・・・実質無料!実質無料!

ホームタイプの場合は、「ネット回線」+「ひかり電話」を申し込み、auひかりを35ヶ月間継続利用することで最大41,250円の割引、つまり工事費分が実質無料になります。

マンションタイプの場合は「ネット回線」のみの申し込みで、auひかりを23ヶ月間継続利用することで工事費が実質無料になります。

工事費が実質無料になる初期費用相当額割引について、詳しくはこちら↓

あわせて読みたい
auひかりの工事費を徹底解説!キャンペーン利用で実質無料【初期費用相当額割引】 auひかりを開通するには、最初に光ケーブルを引き込む工事が必要です。 その際、初期工事費用が掛かります。 ≪はじめてauひかりに申し込みをした時のAさんとスタッフの...

まとめ

auひかり電話に引き継げる番号と引き継げない番号について解説しました。

要点をまとめます。

auひかり電話に引き継げる番号
  1. NTTで発番した電話番号
  2. NTTで発番後、ひかり電話に移行した電話番号
  3. KDDIで発番した電話番号
auひかり電話に引き継げない番号
  1. auひかり以外の光回線で発番した電話番号
  2. 050から始まるIP電話番号
  3. ケーブルテレビ発番の電話番号(KDDI発番以外)

昔から同じ電話番号をずっと使っているならNTT発番の可能性が高いため、ほとんどの場合auひかり電話に引き継ぎ可能です。

電話番号が変わってしまうのが心配で切り替えをためらっていた方は、この機会に是非再検討してみて下さい。

尚、これからauひかりにお申し込み予定の方は、キャッシュバックが受け取れる代理店キャンペーンを活用しましょう!

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかりキャンペーン特典 新規お申し込みでキャッシュバック
期間限定!特別キャッシュバックキャンペーン

NNコミュニケーションズは現在、キャッシュバックが増額される特別キャッシュバックキャンペーンを展開しています!
auひかりの提携プロバイダにSo-netを選択し、スマホとのセット割を組むことでキャッシュバック額が10,000円分増額されるんです。

  • 内容:キャッシュバックを10,000円分増額
  • 条件:プロバイダに「So-net」を選択、「auスマートバリュー」または「UQモバイル 自宅セット割」を組む

尚、auスマートバリューやUQモバイル 自宅セット割はauひかり電話の申し込みが条件となっています。
つまり、NNコミュニケーションズから申し込み特別キャッシュバックキャンペーンを適用すると、自然に77,000円の高額キャッシュバックが受け取れることに!
今だけの期間限定キャンペーンですので、スマホとのセット割を適用予定の方は、絶対に活用しましょう。

NNコミュニケーションズからauひかりを申し込むと、下記2つの特典からどちらか好きな方を選んで受け取ることが出来ます。

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
キャッシュバック額61,000円61,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bを選択した方は、下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
キャッシュバック額55,000円55,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+6,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、BUFFALOの『WSR-1500AX2S』

NNコミュニケーションズは特典申請がとても簡単!

NNコミュニケーションズの特典申請は、申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけのとても簡単なシステムを導入しています。

その場で口座番号が分からなくても、後から送られてくるSMSのフォームから登録してもOK。

ですので、申請忘れや貰い忘れの心配が無く確実に特典が受け取れるんです!

代理店の特典でありがちな複雑な申請や、オプション加入などの面倒な条件も無し。

また、キャッシュバックは申し込みから最短1カ月で指定口座に振り込まれるという、このスピード感もありがたいです!

『公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安』という方もいらっしゃるかもしれません。

確かに世の中に怪しい代理店がいるのは確かですが、NNコミュニケーションズに関しては毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っているので、信頼できる代理店と言って良いでしょう。

キャンペーンページには、実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトはチェックしておきましょう!

\お客さまレビュー☆4.7 評判の良い代理店/

auひかりの申し込み窓口比較表【代理店・プロバイダ・公式】

auひかりのおすすめ申し込み窓口3社のキャンペーン内容を比較表にまとめました。

NNコミュニケーションズは正規代理店、So-netとGMOとくとくBBは公式プロバイダです。

スクロールできます
\おすすめ
auひかり キャッシュバックキャンペーン
NNコミュニケーションズ


So-net


GMOとくとくBB
申込特典赤二重丸
77,000円
キャッシュバック
青丸
初年度980円/月
※月額料金割引
赤二重丸
82,000円
キャッシュバック
Wi-Fiルーター
特典
青丸
特典B選択で
高性能ルータープレゼント
緑三角
レンタル料金
6カ月分無料
赤二重丸
高性能ルーター
プレゼント
適用条件赤二重丸
特に無し
赤二重丸
特に無し
青丸
特定プラン加入
ホーム
進呈時期
青丸
代理店分:1カ月後
プロバイダ分:4カ月後~
赤二重丸
課金開始月から
緑三角
12カ月後と24カ月後の
2回に分けて
マンション
進呈時期
青丸
代理店分:1カ月後
プロバイダ分:4カ月後~
赤二重丸
課金開始月から
緑三角
12カ月後と24カ月後の
2回に分けて
公式特典赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
サイト

ご覧の通り、3社ともかなり豪華なキャンペーンを展開しています。

中でもキャッシュバックを貰えるまでの期間が一番短いNNコミュニケーションズをイチオシとさせていただきました!

特典申請も不要でキャッシュバックを受け取り忘れる心配が無いので、auひかりの申し込みならNNコミュニケーションズを選んでおけば間違いなしです。

\77,000円キャッシュバック/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次